姉小路の館

top
久津八幡宮

仁徳天皇65年(377)勅命により、難波子武振熊命が飛騨国の両面宿儺を征討の途次應神天皇の霊を奉祀したのを創祀とし、平治の乱(1159)役募兵のため飛騨に入国した源義平が鶴岡八幡宮の神霊を勧法際請奉斎したのを當宮の鎮座とする。
その役応永19年(1412)飛騨国領主白井太郎俊國が現在の本殿を再建し天正9年(1581)飛騨国領主三木自綱が現在の拝殿を建立した。

三木(姉小路)自綱建立の拝殿。
拝殿の大工棟梁は、飛騨の匠桂川孫兵衛。

拝殿軒口にある「水を呼ぶ鯉」や、本殿南のカエル股の鳴いた鶯の彫刻は有名です。
本殿と拝殿は、国の指定重要文化財。

bottom

■ スキップモード
姉小路の館トップ
はじめに
桜洞城
三木氏
姉小路氏
飛騨の守護
久津八幡宮
地図