三木氏
応永年間(1394〜1428)京極氏の代官として南飛騨竹原郷(現益田郡下呂町)に下向、土着したというが、確実な史料上の初見は文明三年(1471)。 出自についても京極氏支流多賀氏一族説など諸説ある。
直頼のとき、永正(1504〜21)末年、益田郡の大半を攻略して萩原上村(現萩原町)に桜洞城を築城、遅くとも大永年間(1521〜28)には高山盆地に進出、本願寺門徒や江馬氏、姉小路氏などと協調のうえに飛騨での権力基盤を確立した。
良頼・自綱の代には上杉氏・武田氏など周辺諸勢力と複雑に離合しつつ、永禄三年(1560)姉小路氏の名跡を継いで国司を号し、織田信長の美濃攻略以後は信長に好誼を通じた。
自綱は高山松倉城を築城(1579年という)し、天正十年(1582)に江馬輝盛を国府八日町合戦で撃破、翌年国府の広瀬氏を敗走させ、白川地域を除く飛騨の大半を手中にして、家督を秀綱に譲った。
本能寺の変以降、佐々成政についたため、天正十三年に豊臣秀吉の命を受けた金森長近の侵攻で松倉城は陥落、秀綱は信州に逃亡して自殺した。 自綱は許され、のち京都で死亡した。