三木正頼
(?〜?)
藤原正頼、忠右衛門

飛騨守護である京極氏の被官として竹原郷に土着した三木氏の祖。
「飛州志」にある「三木略系」では、藤原正頼という人物から三木氏の家系を始めるが、その正頼について、「三木氏。忠右衛門。竹原郷ニ住ス。応永年中飛騨国司征伐ノ時、追手ノ大将を京極近江守高員(数)、忠賞ニ依テ竹原郷ヲ領ス。故ニ家臣正頼当国ニ来テ守之。」とある。