三木信綱
(?〜1583)
三木自綱の子、宣綱

叔父にあたる鍋山顕綱に加担(父自綱を討つ)したとして、父である自綱に桜洞城から松倉城に呼び出されて殺された。
「信」は織田信長の偏諱とされる。