井伊直政
直政像
画像提供:FUKUZAWA氏
永禄四年(1561年)現在の静岡県井伊谷に生まれ、幼少の頃から文武両道に励み、慶長五年(1600年)に徳川四天王の一人として天下分け目の合戦で知られる関ヶ原の戦で功をあげ、石田三成の居城であった佐和山城を与えられ、十八万石の大名となった。  その後、城を現在地の彦根山へ移そうとしたが、同七年(1602年)四十一歳で病没し、子らが直政の遺志を受け継ぎ二十年の歳月を費やし元和八年(1622年)彦根城を完成させた。  こうして、彦根三十五万石初代藩主井伊直政公は、今日の彦根市発展の礎を築いたのである。
JR彦根駅前